【デポジット型クレジットカード】審査落ちでも作れる!

審査落ちでも作れる審査の甘いクレジットカードがあります。

それは「デポジット型です。」

特徴として下記四点があります。

デポジット型クレジットカードとは
  • 事前に保証金を積む必要がある
  • 審査が甘い
  • 通常のクレジットカードと同じように使える
  • クレヒスが貯まる

通常のクレジットカードと違い、保証金を事前に積む必要があります。

しかし、その保証金によって審査が甘く、カード発行しやすいという最大のメリットがあります。

そして、通常のクレジットカードと同じく、ポイント還元や付帯保険など、様々な特典を受けられます。

保証金はカード解約時に返金される仕組みなので安心ですね。

また、通常のカードと同じように使用実績が貯まるので、信用情報の回復に繋がります。

審査落ちや審査通過が不安な方は、まずはデポジット型のクレジットカードを検討してみましょう。

デポジット型クレジットカードのおすすめ2選

ランキング一位はライフカード【デポジット】

ライフカード【デポジット型】
5629
審査甘い
入会特典なし
ポイント還元率0.5%
ブランドMastercard
年会費5,500円
最低保証金10万円

 

ランキング一位はライフカードデポジットです。

デポジット型としては年会費が5,500円と安くなっているのが一番のポイントです。

ポイントなどの還元や待遇も、通常のカードと全く同じなので、現金払いよりもお得に使うことが出来ます。

最低の保証金は10万円で、月の限度額は10万円まで利用することが出来ます。

主なサービス
最低限度額10万円
締切日5日
支払日27日
ポイント初年度 1.5倍
誕生日月 3.0倍
ETCカード年会費無料
電子マネーライフカードiD
スマホ決済Apple Pay
Google Pay
付帯保険

海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
シートベルト傷害保険

その他

弁護士無料相談サービス
カード会員保障制度 (不正利用に対する保障)
LIFE DESK (日本語サービス)
ライフカード優待サービス

\ 滞納者でも審査が通る /

ランキング二位はSBS Premium Card【デポジット】

SBS Premium Card【デポジット】
審査甘い
入会特典なし
ポイント還元率0.5%
ブランドMastercard
年会費16,500円
最低保証金10万円

 

二位はSBS Premium Card(DP)です。

基本的な内容は一位のライフカードデポジットと大きく変わりませんが、年会費が16,500円と高くなっています。

その分、付帯サービスが充実しているという感じです。

主なサービス
最低限度額10万円
締切日5日
支払日26~28日
ポイント初年度 1.5倍
誕生日月 3.0倍
ETCカード年会費無料
付帯サービス

海外WIFIレンタル割引
専門家相談サポート
国内外旅行割引
インターネット回線割引
iPhone修理代金割引
電子書籍サービス
航空券割引

\ 滞納者でも審査が通る /

デポジット型クレジットカードは審査が甘い

審査なし同等の審査の甘さで、正真正銘のクレジットカードが持てるのはデポジット型のクレジットカードです。

事前に保証金を積むので、滞納リスクがなく、誰にでもカード発行が出来る仕組みとなっています。

デポジット型の特徴

デポジット型クレジットカードの特徴は下記です。

メリット
  • クレヒスが貯まる
  • 正真正銘のクレカ
  • ポイントが貯まる
  • 様々な特典が受けられる
デメリット
  • 保証金を積む必要がある
  • キャッシングが利用できない

デメリット

デメリットは一点、保証金を積む必要があるという事です。

保証金があることで、ほぼ審査なしという甘さになりますので、割り切りましょう。

基本的に積んだ保証金最低額は10万円で、保証金額が利用限度額になりますので、多く使いたい場合はその金額に合わせた保証金を準備する必要があります。

延滞の際はこの保証金から返済することになります。

保証金はカード解約時に全額返金されますので、ご安心ください。

また、キャッシングが利用できません。

その為、ショッピングする方のみ申し込みしましょう。

メリット

最大のメリットはクレヒスが貯まるという事です。

正真正銘の通常のクレジットカードと同じなので、使えば使うほどクレヒスが貯まります。

今後、もし別のクレジットカードを発行したい場合、この積み重なったクレヒスによって、カード発行が有利になります。

また、通常のクレジットカードと同じなので、ポイント還元があります。

滞納者でもデポジット型の審査が通る理由

通常、滞納者やブラックリストに載っている方はクレジットカードの審査に通りません。

なぜなら、クレジットカードの返済が出来ない可能性があり、クレジットカード会社がリスクを背負うことになるからです。

このリスクがある限り、クレジットカード会社はカードを発行できません。

このリスクを回避するための仕組みとして保証金という仕組みを取り入れたのがデポジット型です。

私たちが保証金を先に預けておくことで、もし返済できない場合はこの保証金から返済します。

その為、クレジットカード会社のリスクがないので、誰にでもクレジットカードを発行できるというわけです。

保証金は、クレジットカード解約後に返金される仕組みなので、私たちにもリスクがないです。

お互いリスクがなく、滞納者やブラックリストでもクレジットカードが発行できる素晴らしい仕組みなんですね。

\ 滞納者でも審査が通る /

申し込みの流れ

デポジット型といっても特別なのは保証金だけです。

必要事項の記入

通常のカードと同じように、氏名や住所などの必要情報を記入します。

この時、保証金額を設定しますが、保証金額が利用上限額となるので、注意しましょう。

内容に不備が無ければ、数日でカード発行となります。

保証金の支払い

発行後数日でカードがあなたのもとに到着します。

その際、代金引換となっていますので、設定した保証金と年会費を合計した金額を支払います。

この時、支払いをしない場合はカードを受け取れませんので、事前に保証金を支払える準備をしておきましょう。

通常のカードと同じように使う

保証金を支払ったらカードはあなたのものです。

クレジットカードライフを満喫しましょう。

解約後に保証金が返金される

延滞なく、クレジットカードを利用していれば、保証金は解約後に全額返金されますので、ご安心ください。

滞納者はデポジット型で信用情報の改善を行う必要がある

滞納者は5~10年ほどの期間、下記の情報機関にブラックリストとして載ってしまいます。

信用情報取り扱い機関

クレジットカード会社は、これら情報機関の信用情報を重視しますので、滞納者やブラックリストの方は、通常のクレジットカードを発行するのは極めて難しい状況です。

しかし、滞納者やブラックリストでも、クレジットカードを持つことが出来る場合があります。

その方法はクレジットカードヒストリー(クレヒス)を貯めることです。

クレヒスとは過去の返済実績のことです。

返済実績が積み重なれば信頼に繋がりますので、通常のクレジットカードも発行されやすくなります。

このクレヒスは、クレジットカードを使って実績を貯めていくことでしか高めることが出来ません。

しかし、滞納者やブラックリストの方は、クレジットカードを持つことさえできませんので、クレヒスも当然たまりません。

そこで、デポジット型の出番です。

滞納者やブラックリストの方でもデポジット型ならクレジットカードの発行が出来ます。

なので、まずはデポジット型のクレジットカードを発行して、クレヒスの改善を行いましょう。

\ 滞納者でも審査が通る /

審査が不安ならデポジット型!

審査が不安ならデポジット型がおすすめです。

保証金を積む必要があり、キャッシングは出来ないデメリットがあります。

また、保証金と同額の利用額なので、若干不便さを感じる方もいるでしょう。

しかし、保証金があることで、審査が甘くなりますので、審査が通らない方や不安な方にとっては強い味方です。

クレジットカードはポイント還元により実質、常に割引しているのと同じなので、使わないと損です。

これを機会にデポジット型クレジットカードを申し込んでみましょう。

\ 滞納者でも審査が通る /
タイトルとURLをコピーしました