消費者金融の借入があってもクレジットカード審査は通る!

結論から言うと、消費者金融からの借入があってもクレジットカードを作れます。

私の友人は給料日前になると金欠で消費者金融から借り入れをしていましたが、1社のみで数万円程度だったので、問題なくクレジットカードを発行していました。

ただし、下記の状況によっては審査が落ちやすくなるようです。

審査落ちしやすい状況
  • 複数の消費者金融から借り入れがある
  • 借りれ金額が年収の1/3以上
  • 過去に3か月以上の延滞があった

以上の状況に当てはまる方は審査に引っ掛かり、クレジットカード発行は難しいでしょう。

そんな方におすすめなのは誰でも審査が通るデポジット型です。

\ 誰でも審査が通る /

クレジットカード審査の概要

クレジットカード審査は下記の項目で審査されます。

クレカ審査概要
  • ブラックリスト
  • 借り入れ状況
  • 本人の属性
  • カード利用実績

以上3つのポイントがあります。

ブラックリスト

まずはブラックリストかどうかです。

過去に3か月以上の延滞や自己破産など、お金に関するトラブルを起こした場合、このブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストは信用情報取扱機関に登録されることを意味し、主に3社の登録機関があります。

信用情報取扱機関

カード会社はこれらの信用情報取扱機関の情報から、カード審査を行います。

その際、もし過去に延滞実績があったり、自己破産などのトラブルを起こしているのであれば、審査は難しいでしょう。

その為、通常のクレジットカード発行は難しいので、デポジット型を検討してみましょう。

\ 誰でも審査が通る /

借り入れ状況

借り入れ状況も審査に影響します。

一社だけの借入であれば問題ないケースがありますが、複数社から借り入れしていると審査は厳しくなります。

それだけお金に困っていると言っているようなものですからね。

また、冒頭の通り、少額の借入は問題になりませんが、多額の借入となると話は別です。

よく「年収の1/3以上の借入をしていると厳しい」と言われており、ここら辺を基準にすると良いでしょう。

もちろん、次に説明する属性との兼ね合いもあります。

私の親も、住宅ローンという年収に対して多額な借り入れがありましたが、正社員である程度の勤続年数や年収があったため、問題なくクレジットカードを発行していました。

もし多額の借入があって、クレジットカード発行が難しいと感じている方はデポジット型カードがおすすめです。

\ 誰でも審査が通る /

本人の属性

本人の属性とは具体的に下記となります。

本人の属性
  • 勤務状況
  • 年収
  • 住居状況
  • 家族構成

勤務状況

勤務状況とは、勤務先・雇用形態・勤続年数といった内容です。

勤務先が大手企業だったり、公的機関であれば信頼性が高いですから、評価は上がります。

また、雇用形態も重要で、安定している正社員が有利なのは言うまでもありません。

さらに勤続年数といった安定性も重視されます。

年収

やはり年収は重要です。

借入のところでも説明しましたが、同じ借入額だたっとしても、年収が多ければ有利に働きます。

単純に年収が多ければ返済能力も高いからです。

住居状況

住居状況は持ち家だと評価が上がります。

家を持っているという事は、資産があるということですから、その分返済能力有と判断されます。

もしもの時は家を売るなどできますからね。

また、自分だけでなく、同居している家族が所有している持ち家、という場合でも同様です。

家族構成

同居している家族が居れば評価が上がります。

家族がいれば助けを借りることが可能です。

その為、その分返済できる可能性が高くなるというわけです。

カード利用実績

いわゆるクレジットカードヒストリー(以下クレヒス)と呼ばれるものです。

クレジットカードを使い、延滞なく返済することでクレヒスが貯まっていきます。

これはいわゆる「実績」ということで、審査に大きく影響してきます。

その為、クレジットカードを初めて発行する方や、カード利用実績が少ない方は、カード審査が厳しめになります。

そういった理由で、カードを初めて作る際に審査落ちするケースも意外と多いです。

もしクレヒスに自信がない場合は、デポジット型がおすすめです。

\ 誰でも審査が通る /

重要なのはブラックリストかどうか

以上がクレジットカード審査概要についてです。

重要なのはブラックリストかどうかです。

基本的には、ブラックリストではまずカード発行は出来ません。

また、借入額が多い場合は、属性やクレヒスが重要になっていきます。

正社員ではなく、カード利用実績が少ない場合は、審査が厳しくなるでしょう。

そういった方におすすめなのがデポジット型です。

是非この機会にデポジット型を検討してみましょう。

\ 誰でも審査が通る /

消費者金融の借入でもクレジットカードが発行できるポイント

クレジットカード審査の概要で説明した内容を元にまとめると下記になります。

カード発行の条件のポイント
  • 金融事故がない
  • 借入は一社のみ
  • 借入は年収の1/3以下
  • 正社員
  • 持ち家(家族でも可)
  • カード利用実績が少ない

もし、以上のポイントから外れてしまうような場合は審査を通すのは難しいかもしれません。

そういった方は、デポジット型を検討してみましょう。

金融事故がないこと

やはり一番重要なのはブラックリストかどうかです。

その為、過去に金融事故がないかどうかは重要です。

その中でも一番多いのは3か月以上の延滞履歴です。

延滞するとブラックリストに登録されてしまいますので、カード発行が厳しくなります。

借り入れは一社のみ

借入は一社のみであれば審査は問題ないでしょう。

もし複数社ある場合は、審査が厳しくなるケースもあるので注意しましょう。

借り入れは年収の1/3以下

借入額も重要です。

もし年収の1/3以上あるのであれば、カード発行の前に借入額を減らすなどの対策をしておきましょう。

正社員

やはり正社員は有利です。

基本的に終身雇用でクビになることはまずありませんし、収入も安定しています。

その為、正社員である場合は、多少の借入があっても特に問題ないでしょう。

持ち家

持ち家があると強いです。

資産なわけですから、それだけお金を持っていることと同じです。

自分で持っていなくても、同居している家族が所有している場合も同様に強いです。

カード利用実績が少ない

カード利用実績、いわゆるクレヒスも重要です。

延滞していないことが条件ですが、利用実績があればあるほど有利になっていきます。

審査を通りやすくする方法

消費者金融を利用していても審査を通しやすくする方法は下記です。

審査を通りやすくする方法
  • 借入金額を少なくする
  • 複数社からの借入の場合は一社にする
  • 本人の属性を改善する
  • キャッシング枠を0にする
  • 虚偽の記載はしない

審査を通りやすくするためにはいくつか方法があります。

カード発行前に以上の項目を整えてから申請することをおススメします。

借入金額を少なくする

やはり借入金額は少ない方が良いです。

その為、カード審査前までに借入額を少しでも減らす努力をしましょう。

もしあなたの周りでお金を貸してくれる方がいればラッキーです。

その方からの借りれは、審査に入る余地がありませんので、積極的に相談してみましょう。

借り入れは一社にする

複数社からの借入は印象が悪いです。

その為、一社に統合する努力をしましょう。

例えば、一社の借入を増やし、他社の借入を返済する、といった対応が出来ます。

本人の属性を改善する

例えば無職であれば派遣やアルバイトで働き口を探すなどです。

また、一時的でも一人暮らし止め、実家暮らしをするなども有効です。

キャッシング枠を0にする

申請の際にキャッシング枠を0にするのも審査を有利にします。

キャッシング枠はいわゆる借入です。

キャッシング枠があれば、それを利用してさらに借り入れが増え、返済が滞るリスクが出てきます。

その為、キャッシング枠は0にしておきましょう。

虚偽の記載をしない

申請の際は虚偽の記載はしない方が良いでしょう。

もし審査もとにバレれば信用できない人物という烙印を押され、審査は通りにくくなるでしょう。

クレジットカード審査に困ったらデポジット型

以上を読んで審査が厳しいと感じたらデポジット型がおすすめです。

保証金を事前に積むタイプなので、延滞リスクがないという仕組みになっています。

その為、基本的には保証金さえ積めれば、誰でも発行が可能となっています。

保証金を積む以外は、通常のクレジットカードと同じように使え、ポイント還元などの特典も全く同じとなっています。

もちろんクレヒスも貯まるので、信用情報を改善するには最適です。

デポジット型クレジットカードは発行会社が限られていますが、発行するならライフカードが良いでしょう。

ライフカード【デポジット型】
5629
審査甘い
入会特典なし
ポイント還元率0.5%
ブランドMastercard
年会費5,500円
最低保証金10万円

 

他社カードに比べ年会費が割安で、ライフカードの場合は通常のクレジットカードと変わらずに利用できます。

ポイント還元率も高いですし、付帯保険なども手厚いのが特徴です。

もし、奨学金の延滞によってクレジットカードが発行できなくて困っているのであれば、デポジット方クレジットカードを申請してみましょう。

\ 誰でも審査が通る /
タイトルとURLをコピーしました